IT系の個人事業主は、頑張り次第では年収が1000万を超えることも珍しくありません。
自分の労働の対価がしっかりと支払われますから、やったらやっただけ報われる働き方です。ただ、常に年収が1000万円を超えるというわけではありませんし、またそれに伴う苦労ももちろん生半可なものでは済まないものです。多くの努力や苦労を払って、そうして1000万という大金を獲得することができるのです。

たとえば、まず個人事業主は自分で仕事を受注してこなければなりません。確かに今ではインターネットを利用することでクライアントを探すことも難しくなくなってきていますし、また専門のエージェントに依頼すれば安定的に案件を紹介してもらえるようにもなります。しかしまだ駆け出しのころなどは人脈にも乏しく、しかも個人事業主であると技術の専門職であるため、仕事を取ってくるだけの営業力にも乏しいものです。エージェントに依頼したとしても仲介手数料などの経費が掛かりますから、駆け出しの頃は痛い出費となってしまいます。しっかり営業をして仕事を取ってこなければ安定した収益を積み重ねることにも苦労することになります。その営業に欠かせない交渉力が個人事業主の高収入に直結すると言っても過言ではありません。

またこうした営業だけでなく、税金の申告などといった雑務や業務委託契約書をしっかりと読み解くなどといったことも合わせてやっていかなければなりません。こうした苦労に耐えて初めて、高い報酬を受け取ることができるのです。そのためIT系の技術職だからと言って、技術屋としての自分の腕を信じるだけでなく、営業や庶務なども万遍なくこなしていく力を身に付けることを心掛けるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です