独立後に売上が1000万を超えたら

個人事業主として働いているときに怖いのが、税金の処理についてです。素人では分かりにくいことがあって、適当にやってしまうと脱税の疑いをかけられてしまうこともあります。脱税をしてしまうと信用にも傷がつきますし、その後の商売もしにくくなってしまうので要注意です。とくに課税売上高が1000万円を超えてくると、今まで払っていなかった消費税を支払わなくてはならないので大変です。消費税の計算は非常に大変な作業となるので、自分でやる場合にはかなりの労力と時間が奪われてしまうのも痛いです。ここまでの売上高があるなら、相当儲けが出ているはずなので、ぜひとも税理士の先生を顧問につけて、その人に仕事を代行してもらうのがベストです。

万が一にも計算を間違ってしまうと、後々大きな追徴金を支払うことになるかもしれません。最初からプロに依頼しておけば、間違いなく処理をしてくれるので便利です。課税売上高が1000万円以下なら、消費税については心配無用です。ただ、その場合でも他に計算しなければならないことが多いので、売上いかんに関わらずに税理士は味方につけておくのが好ましいです。若い会社なら、比較的安い値段ででも将来性を見込んで税理士が顧問についてくれます。駆け出しの税理士であれば、顧問料も月数万円程度なので痛くはありません。安ければ二万円程度で毎月アドバイスがもらえるので、調べておくといいでしょう。消費税はたまにアップするので、その際の計算には神経を使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です